/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

『Amazonアソシエイト』突撃審査結果【アソシエイト審査への対策】

f:id:sora1530:20180308095133p:plain

 

 

ブログ開設当日にも関わらず『Amazonアソシエイト』に申請してみましたが、
無事承認却下のメールが届きましたので対策を考察します。

 

※後日無事承認されました。

 

こんにちは、そら(@15sora30)です。

 

 昨日、ブログ開設当日にも関わらず『Amazonアソシエイト』に申請してみました。

 

審査結果が昨日のうちに早々返ってきたので報告します...

 

  

お断わり!

 

  

記事も2つしかないし閲覧者も0なので納得です。

 

お断りのメールに審査拒否理由として考えられるものがいくつか記されていたので、

それついて書いて対策を練ろうと思います。

 

 

Amazonアソシエイト:審査落ちの理由

f:id:sora1530:20180312090253j:plain

審査①Webサイトが未完成または作成したばかり

はい!引っかかりましたね(笑)

 

あたりまえですけど。

 

開設したばかりのブログではアクセスがないのはもちろん、

一番大事な信用がありませんからね。

 

悪用されるのを防止するためのまっとうな判断。

 

つまりはしばらく続けて無害であることを証明しなければならないわけです。

 

審査②申し込みURLに入力誤りがある

見直せば気づきます。

 

審査③Webサイトに閲覧規制がされている、またはそのようなコンテンツを含む

アダルトや薬物など。

 

公共の福祉に反するようなものはダメだということ。

 

審査④申し込みフォームに登録したデータが正しくない

2~4は該当していないと思いますが該当していたとしても今回の拒否理由は明らかに1番。

 

審査⑤Webサイトのドメイン名の中に特定のスペルを含んでいる

今回私には関係ないですが、詐欺への注意喚起として簡単に書いておきます。

 

これはドメインの中にamazonjavarikindleやその他これらの変形、

例えばam@zonなどをSNSを含め使っている場合ってことです。

 

なぜダメかというのは偽サイトによる被害を防ぐため。

 

知っている方は多いかと思いますが精巧に作られた、

ほとんどコピーのような偽サイトを作ってカード情報を抜き取ったりといったネット犯罪が起こっています。

偽サイトってどんなもの?|犯罪になっちゃう?商品が届かない!激増中の偽サイトに注意!!|ZAQ SmartPhone

危険なAmazon偽サイト登場!本物と見分けがつかない - NAVER まとめ

 

そういったサイトはドメインの一文字だけ違う文字に置き換えていたりするのでこの対策は私達ユーザーを守るためですね。

 

ドメインとは簡単に言うと、

https://www.google.co.jp/

上記の例でいう"google.co.jp"という部分です。

 

せっかくなので書いておくと"www"はホスト名と言います。

 

審査⑥知的財産権を侵害している

これは当たり前ですね。

 

音楽や漫画、著作権等の発生するデータなどのアップロードはもちろん、

ダウンロードも違法ですのでそういったサイトを紹介していたりすれば承認はされないです。

 

審査⑦露骨な性描写がある

アダルトのことだと思いますけどもしかしたらグラビアも含まれるのでしょうか?

 

関係ないのでどっちでもいいですが。

 

審査⑧未成年者の申し込み

23歳。

 

5~8も関係ないでしょう。

アマゾンアソシエイト審査で承認されるための対策

Amazonアソシエイトは何度でも申請できるので承認されるまでチャレンジできます。

 

ぐぐってみたところ結構審査は厳しいようですが、対策方法もあるようです。

 

これらを踏まえて対策を練りたいところですが、

今回は明らかに1番目の項目に該当してしまっているのでなにはともあれ継続して記事数を増やしていかないことにはどうにもなりませんね。

 

承認された時には自分の経験を踏まえた対策を紹介できたらと思います。

 

承認されるといいなあ...

無事承認されました⇒

 

初めての申請はブログ開設初日でした⇒

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブックマーク、コメント、読者登録、とても励みになります。

いつもありがとうございます。