/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

加害者・被害者視点から描くストーカー小説『消えない月』畑野智美

f:id:sora1530:20180308112102p:plain

消えない月 / 畑野智美

 

恋なのか?ストーカーなのか?

 

ストーカーされる側、する側。

 

2人の視点から「ストーカー」事件が展開されていく。

 

こんばんは、sora(@15sora30)です。

【読書記録】

 

はじめましての方は注意書きをどうぞ。

 

www.sora-no-kimagure.com

 

あらすじ

出版社に勤務する松原とマッサージ師のさくら、二人は、付き合いはじめ、やがて別れる。

 

それで終わりのはずだった。

 

婚約までした男と女の関係は、はじめから狂っていたのかもしれない。

 

加害者と被害者、ふたつの視点から「ストーカー」に斬り込んだ、

残酷にして無垢な衝撃作!!

消えない月

主な登場人物

f:id:sora1530:20180308115841p:plain

 

ストーカーは「愛」ではない

f:id:sora1530:20180308114032p:plain

 

被害者、日本のストーカー事件への対応の遅れ、そういったもののへの警鐘もふくまれているのかもしれませんが、

 

私個人としては加害者の心理描写がとても面白かった。

(面白かった、と言ったら誤解を招くかもしれませんが)

 

さくらと松原、ストーカー被害者と加害者。

 

さくらの感じる恐怖、気の抜けない緊張感、日に日に擦り減っていく精神

 

松原の抱く憤り、果てなき支配欲並々ならぬ執着心

 

さくらの視点では祈るようにして読み、

松原の視点では嫌悪感と怖いもの見たさの興味から読み進める。

 

 

 

本当に「愛」ゆえのストーカーならば警察からの警告で「気付く」

 

実際どうなのか分からないけれど、間違っていないような気がする。

 

そしてただの「怒り」や「支配欲」が原動力になってしまったら誰にも止められない

というのはすごく納得できる。

 

止めてくれるような味方がいるならば、

そもそもストーカーなどにはなっていない。

 

 

ストーカー事件の圧倒的悪は加害者側だけれど、

さくらの言動も少し気になるところがあった。

 

全くもって許せないけれど、松原の背景にも同情の余地が0.1%くらいある。

 

本当の愛情を知っていたら、

 

1人でも味方がいてくれたら、

 

と思ってしまったのは私があくまでも第三者にすぎないから。

 

当事者になってしまったらそんなことは思わないし、

 

松原を殺してやりたい

 

とさえ思う。

 

 

怖いけど面白かった。

語彙力のない私にはこれが精一杯。

 

多くの人に読んでほしいです。

 

↓よかったらあなたの好きな本も教えてください!↓

www.sora-no-kimagure.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブックマーク、コメント、読者登録、とても励みになります。

いつもありがとうございます。

 

畑野智美作品はこちら⇒

www.sora-no-kimagure.com

www.sora-no-kimagure.com