/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

愉快!痛快!爽快!『赤い酋長の身代金』オー・ヘンリー

f:id:sora1530:20180409202354p:plain

 

愉快!痛快!爽快!

 

ユーモアに溢れた楽しい小話の詰まった短編集

赤い酋長(しゅうちょう)の身代金

を読みました。

 

お子さんの読み聞かせにもぜひ。

 

こんにちは、そら(@15sora30)です。

【読書記録】

 

はじめましての方は注意書きをどうぞ。

 

www.sora-no-kimagure.com

 

赤い酋長の身代金 (オー・ヘンリーショートストーリーセレクション 8)

  • 赤い酋長の身代金
  • 警官と讃美歌
  • ビアホールとバラ
  • ありふれた話
  • ピミエンタのパンケーキ
  • 五月の結婚
  • のぞみのものは

 の7つの小話からなる短編集。

 

ちなみに、

酋長(しゅうちょう)とは「未開の部族の長、かしら」のこと。

 

おすすめされた1冊

f:id:sora1530:20180409204530p:plain

ハハゲーノさん(id:syutaitekizinsei)から教えていただきました。

 

18年ぶりに市立図書館へ行ったら、

ご紹介いただいた短編集の1巻がちょうど【貸し出し中】...泣

 

f:id:sora1530:20180409204604p:plain

 

しかし、同じおはなしが収録されている児童向け?のものが書庫に眠っているようだったので、

お願いして取ってきてもらいました。笑

 

www.sora-no-kimagure.com

 

あらすじ : 赤い酋長の身代金

ある田舎町にて。

 

身代金をたんまりと取ってやろうと画策し、

悪党のビルとサムは、土地の有力者ドーセットの息子を誘拐する。

 

ところが、この少年は手を付けられないほどのわんぱく小僧。

 

誘拐、軟禁されているにもかかわらず自らをインディアンの「赤い酋長」と名乗り、

見張り役ビルを遊び相手に暴れまくる。

 

サムが脅迫文を送り付け、身代金を要求したが事件はとんでもない方向へ。

 

 

 

愉快!痛快!爽快!

f:id:sora1530:20180328083116j:plain

 

表題作『赤い酋長の身代金』、林修先生イチオシの『警官と賛美歌』...etc.

 

どれもユーモアと皮肉、そして温かさの感じられる面白い短編集でした。

 

ひとつひとつはとっても短く、

お子さんに読み聞かせてあげてもきっと楽しんでくれるはず。

 

 

ハハゲーノさん(id:syutaitekizinsei)ありがとうございました。

 

オー・ヘンリーは横領罪で服役中に短編小説を書き始めたらしい

1862年、アメリカ・ノースカロライナ州に生まれる。

 

本名はウィリアム・シドニー・ポーター。

 

銀行勤務時代に横領罪で起訴され有罪判決を受けるが、

真相は不明。服役中から短編小説を書きはじめ、

ニューヨーク庶民の哀歓をえがいて爆発的人気を得る。

 

短編の名手として、アメリカのみならず世界にその名をとどろかせる。

 

生涯272編の短編作品を残し1910年没

赤い酋長の身代金 (オー・ヘンリーショートストーリーセレクション 8)

 

なんとも特殊な経歴の持ち主だったようです...笑

 

↓よかったらあなたの好きな本も教えてください!↓

 

www.sora-no-kimagure.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブックマーク、コメント、読者登録、とても励みになります。

いつもありがとうございます。