/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

【ロードバイク】ボトルケージのネジが取れなくなったので直してみた

f:id:sora1530:20181111093343j:plain

 

 

ボトルケージのネジが外せなくなってかなりあたふた。

なんとか直せたので同じような人がいたときの役に立てるように直し方を紹介します。

 

こんにちは、そら(@15sora30)です。

 

愛車を洗車してボトルケージを付け直そうとしたらネジが取れなくなって絶望しました。

 

 

ボトルケージのネジが取れなくなった! 

 

洗車するときに外せるパーツは外して洗車するので当然ボトルケージも取り外しました。

こぼれたドリンクとか細かい砂とかでボトルケージ裏とフレームとの間も汚れるので洗車するときに外してない方がいたら外して洗うことをおすすめします。

 

乾燥させてパーツ類を取り付け直そうという段階で、ボトルケージのネジが取れなくなってめちゃめちゃ焦りました。

もう壊したのか(泣)

と絶望...

 

 

取れなくなったボトルケージのネジを修理する

f:id:sora1530:20181029200830p:plain

 

焦ってばかりいても仕方ないので落ち着いて直す方法を考えます。

まずは原因と仕組みを考えてみます。

 

症状:ネジが無限に回る

f:id:sora1530:20181111090628j:plain

オスメスが分かるよう修理後に撮影

ネジをよく見ながら回してみるとメス側が無限にクルクル回っていました。

ネジ頭がバカになってしまっただけならペンチで無理矢理回して取ることも出来ますがこのタイプの無限クルクルは初めてです。

 

f:id:sora1530:20181111090547p:plain

接合部分を想像してみると恐らくこんな感じ。

フレームとメス側の接合がきちんとできておらずメス側も一緒に回るようになってしまったんだと思います。

 

f:id:sora1530:20181111090751p:plain

なので再びフレームとメス側を接着してあげればよさそう。

 

修理道具

f:id:sora1530:20181111091337j:plain

 

修理するために必要なものを購入、接着剤が粘度別で売っています。

今回のように滴下したい隙間が狭い(今回はほぼ隙間なし)場合は低粘度奥まで浸透するタイプを選びましょう。

それからアロンアルファを補強するために固着剤というものも購入してみました。

後述しますが、この補強はいらないかもしれません。

 

ボトルケージのネジが直った◎

f:id:sora1530:20181111080706j:plain

 

無事イメージ通りに直り、再びボトルケージを取り付けることができました。

ボトルケージのネジ4箇所中2箇所も無限クルクルになってしまって焦りましたがこれで今まで通り使えます。

 

写真を見てもらうとわかるのですが、接着した部分が白くなってしまいました。

固着剤をスプレーした瞬間白くなったので恐らくそれが原因。

白化防止って書いてあるのに...

 

だから固着剤はいらないかもしれません...

幸いボトルケージで隠れてしまうのでまだ平気ですが黒いフレームの人は要注意です。

 

おわりに:ボトルケージのネジが取れないなんて聞いたことない

f:id:sora1530:20180522202140p:plain

想定外のトラブルで本当に焦りました。

まだ2回しか乗っていないときに起きたのでこんなに早く壊れるとは... 

 

一生ボトルケージ無しで乗るハメになるかと思いました。 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブックマーク、コメント、読者登録、とても励みになります。

いつもありがとうございます。