空のきまぐれ

読書記録 雑記 調べたことをきままに

学歴なんて必要?~大学院中退して就職決めた〜

f:id:sora1530:20171229153340p:plain

こんばんは、sora(@15sora30)です。

 

先日無事採用通知が届き、来春から働くことになりました。

このことをもって私は大学院中退を選択し、最終学歴は大学の学部卒となりました。

 

あと一年研究していれば世間的に一定の地位を確立できたのにそれを途中で放棄するにいたった経緯や私なりの考え方をまとめてみようと思います。

 

 

人生の夏休み?

f:id:sora1530:20171118085717j:plain

世間では「遊べるのは大学が最後、学生のうちに遊んでおいたほうがいい」「大学は人生の夏休み」だなんて言われていますが、実際どうだったのか。

 

答えは、

夏休みに出来る!

です。

これは某理系国立大学に進学し、そのまま大学院に進学した私の感じた答え。

私自身、夏休みにして4年間部活動だけやってました。

理系は文系と違って忙しいんだ!とも思わないですし、そんなのは個人の選択次第。

理系だって楽な道を選択することはできます。

文系だって多忙を極める選択肢が存在するでしょう。

 

私は部活のために比較的融通のきく研究室を選んだので、そういう選択もあるということです。

"出来る"というのは"夏休みにしない"という選択を取る人もいるから。

4年間真面目に講義を受け、研究室配属されてからは研究に没頭して、学んだことを仕事なり社会に還元していくというのが大学進学をした人の本来あるべき姿だし、尊敬に値する人たちです。

 

しかし、名の知れた大学であっても上記のような人たちは少ないわけです。

実際はいわゆる"青春を謳歌する"ひとたちが多い。

 

どちらが一概に良いとは言えないですしどちらを選択しても問題ないと思います。

ただ、何か誇れることをやり遂げて欲しい

遊ぶならなにかを得られる遊び方をしたほうがいいよ、と言いたい。

入って終わり、日本の大学

f:id:sora1530:20171118111407j:plain

日本の大学制度では入学試験がゴール。

ほとんどの日本の大学は入ってしまえば卒業は難しくありません。

ところが海外の大学は入ってからも卒業するまでが難しく、必ずしも4年間で卒業できるわけではありません。

日本の大学生が海外の大学事情のもとへ放り出されれば大半は卒業できないと思います。

 

それでも日本で生活していくのならそんなことは問題ではありません。

日本ではそんな大学制度であっても、いや、そんな大学制度だからこそ入った大学である程度の将来を決めることが出来るんだと思います。

大学名である程度左右されるということは、

自分が大学で何をやってきたか

ではなく、

その大学に入るための努力程度は出来る

ことが保証されているからだと思います。

何をやってきたかは言い繕うこともできてしまうので、 その大学に入ったという事実のほうが信じるに足るという考え方は理解できます。

中退を選んだのは在学する意味がないと感じたから 

f:id:sora1530:20171118114318j:plain

そうであれば、学歴これがあればやっていけると思えるものさえ手に入れてしまえばさっさと働いたほうがいいという考えに至りました。

私は研究者として働くつもりがあって進学したのではなく、就職先を探すための期間として大学院進学を決めたので就職先が決まってしまえば在籍する必要はないと感じました。

(学部生のころは部活だけをやり、就活は何もしなかったので)

中退という選択をしたのはそういうことです。

大学院は研究を仕事にしたい人が行くところであって、理系だからなんとなく行くところではないということです。

大学院とはいえ、なんとなく行ってれば、なんとなく卒業できちゃうのですから。

そんなところ行く意味ありません。

 

だったら大学院以前に大学なんて行かなくてもいいんじゃない?

と思われるかも知れません。 

 

でも、

大学は行ったほうがいい! 

大学は行ったほうがいい?

f:id:sora1530:20171118125704j:plain

そうはいってもやはり日本で生活していくのなら大学は行ったほうがいいと思っています。

それだけで選択肢が増やせるから。

高校時代すこし頑張るだけで選択肢が増やせる環境に甘んじない手はありません。

(高校生の時はそんなこと考えずなんとなく大学受験しましたが)

 

選択肢が増えて、そのなかから1つ選べれば良し。

あとは遊ぶなり勉強するなり好きに過ごせばいい!

 

私は4年間で誇れるものが出来て(結果的にではありますが)、働いて生きていけると思ったので辞めるという選択肢を選びました、ということです。

まとめ

f:id:sora1530:20171122202818j:plain

  • 大学はほぼ夏休み
  • 多くの人にとって大学は無意味
  • でも、大学入ったほうがいい
  • 大学は選択肢を増える場所

 

以上、こんな考えに至った結果大学院中退を選びました、というご報告です。

働いてみたら心境も変わるかもしれません。

その時はその都度、心情を追記していけたらと思います。

 

本当にやっていけるかな...(笑)

 

この記事を書いていたら同じように大学生活への疑問を持っている方がいらして、なんだか嬉しかったのでこちらも合わせてお読みください。

学費全部払ってるの自慢するのなんかおかしくない? - もしもしふぁんたじー

別視点からの疑問も書いてらっしゃって、まっとうな意見だと思ったので紹介させていただきました。

 

大学院なんて...とか言いつつも大学院になったメリットはしっかり享受しています(笑)

www.sora-no-kimagure.com

 

大学でもなんでも利用できるものは利用しましょう(/・ω・)/

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブックマーク、コメント、読者登録、とても励みになります。

いつもありがとうございます。