空のきまぐれ

読書記録 雑記 調べたことをきままに

リンクの貼り方

f:id:sora1530:20171225152948p:plain

こんにちは、soraです。

 

先日ある方の相互リンク募集のツイートをみて"お願いするしかない!"と思いすぐさまブログの方にコメントをつけさせていただきました。

 

 

開設したばかりの私にとってこのような機会は非常にありがたいのは分かったのですが、実際なんの役に立つのか、メリット・デメリットや実際のリンクの貼り方を紹介させていただこうと思います。

 

 

リンクとは

そもそもリンクとは、サイトAからサイトBへ飛ぶときに貼ってある"アレ"です。

言葉足らずで分からないと思うので画像で例をみます。

f:id:sora1530:20171104141901p:plain

ええ。"アレ"です。私は"ドア"のイメージです。

上記例の画像のリンクは"Amazonアソシエイト"のトップページへつなぐ、"ドア"です。

つまり自分のサイトにリンクを貼るということは

"別のサイトへのドア"

を設置する事であり、

自分のサイトへのリンクを貼っていただくというのは

"自分のサイトへのドア"

を設置してもらうということです。

 

ではなぜリンクを貼ってもらえると嬉しいのか、メリットやデメリットはなんなのか?

 

メリット

閲覧数が増える

リンクを貼ってもらえば自分のサイトへのドアが増えるわけですから、単純にサイト訪問者数が増えるわけです。

ほとんどアクセスのないサイト、単純にその数が増えるだけで楽しいのは私だけではないはず...(笑)

自分の存在を知らない人も、他の方のサイトを読んでいればリンクが目に留まり訪問してくださるなんてことが起こるわけです。

アクセスも増えればモチベーションも保てるし更新するのが楽しいに決まってます!

このメリットは相当大きいですね!

 

検索で上位に表示されやすくなる

こういった話が苦手な方も多いかと思います。(私もです)

多くリンクされる、つまり被リンクが多くなるとページの評価があがり、検索結果の上位に表示されやすくなるんだそうです。

ただやみくもに数が多ければいいというわけではなく、評価の高いページからリンクされるとよかったり、関連するコンテンツからのリンクが好まれたりするそうなのです。

しかも、コンピュータが勝手に判断するので当然かもしれませんが、いくつかのルールにのっとってリンクされないと評価には反映されないようです。

 

が、今の私にはまだ取捨選択できる地位になく、アクセス数が増えるだけで満足なのであればあるだけ嬉しい状態です。

 

 

そんないいことだらけみたいなのにデメリットなんてあるの?

って思いました。

あるみたいです...

 

デメリット

ページの評価が下がってペナルティを受けるかもしれない

やみくもに無関係なリンクが貼られたり、質の悪いページからの被リンクなどはページの評価を下げてしまう可能性があります。

ペナルティで評価が上がらなくなったりするようですが更に困るのは解除が難しいことだったりするようです。

 

う~ん、奥が深そうです。

一番いいのはページをいいと思った人が自然とリンクしてくださることみたいです。

(頑張らなきゃ)

 

何はともあれやってみるしかありません。

はてなブログでのリンクの貼り方を紹介します。

 

リンク貼り方

f:id:sora1530:20171104145514p:plain

左側、"デザイン"とあるところをクリック。

(3日目にしてアクセスは27。個人的には"おおっ"と思ったのですが他の方は100越えたおっしゃってたのでうらやましい限りです。)

 

f:id:sora1530:20171104152328p:plain
f:id:sora1530:20171104152507p:plain
f:id:sora1530:20171104152519p:plain
①~③

①カスタマイズ

②サイドバー

③リンクの"編集"

とクリックしていきます。

 

f:id:sora1530:20171104152826p:plain

すると上記のような画面が出てきます。

"※"があるところはあとで次の画像で説明します。

タイトルとURLを入力して適用します。

 

f:id:sora1530:20171104153126p:plain

すると、(デフォルトで)ページの一番下に黒文字で"リンク"と書かれているところにリンクが貼れているのを確認して、左上の"変更を保存する"をクリックして終わりです。

先ほど"※"のところに書いてある"リンク"を書き換えることで黒文字の"リンク"と書かれている文字も変更することができます。

 

今回記事を作るにあたってリンク作成例として冒頭でご紹介した"どすこい☆太郎DXのブログ"さんにご協力していただきました。ご協力ありがとうございます。

dosukoitarodx.hatenablog.com

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブックマーク、コメント、読者登録、とても励みになります。

いつもありがとうございます。