読書記録-朝井リョウ

センチメンタルな青春短編『もういちど生まれる』朝井リョウ

// ハタチ前後のセンチメンタルな短編小説『もういちど生まれる』 18~22歳くらいの中途半端に大人な年齢。 1~2年前までは同じ境遇にいたはずなのに、 とても遠く、懐かしい世界に感じました。

こんなエッセイ読んだことない!!『時をかけるゆとり』朝井リョウ

// 「圧倒的に無意味な読書体験」というフレーズに魅了され、『時をかけるゆとり』を読みました。 終始笑いっぱなしのエッセイですので、電車では読まないように気を付けてください。 ※笑いすぎて白い目で見られます