/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

『自転車屋カバー』は必需品!裸で放置は絶対NG

f:id:sora1530:20181011064652p:plain

 

 

 

自転車をどのように保管していますか?

外で雨ざらしなんてことはないですよね?

 

屋外で保管が当たり前だから自転車カバーが必要なんです。

自転車カバーの必要性とおすすめ商品の紹介です。

  

こんにちは、そら(@15sora30)です。

 

Active Winner様にご提供いただきました。ありがとうございます。

さっそくロードバイク購入に伴って使わなくなってしまったクロスバイクに使用してみました。

 

 

 

ACTIVE WINNER『自転車カバー』

f:id:sora1530:20181008200306j:plain
f:id:sora1530:20181008201453j:plain


自転車カバーのビジュアルに各社大差はないと思いますが、

この商品はカバーデザインによって前後が分かりやすく、立体構造で被せやすかったです。

 

 

値段も安過ぎず高すぎず一般的な価格帯に収まってます。

 

ネットにはもっと安いものも売っていますが、

本当にただ被せるだけのものだったりするので購入する際は口コミ等を参考にすることをおすすめします。

 

f:id:sora1530:20181008200408j:plain

 

それから雨の侵入を許してしまいがちな縫い目ですが、

しっかりと水の侵入をブロックしてくれるように仕上げられています。

 

完全防水ではありませんが、類似製品の2倍の撥水効果を謳っています。

また1年間のメーカー保証も付けていることから自信のほどがうかがえます。

 

f:id:sora1530:20181008200153j:plain

 

ワンタッチバックルがついているので風邪でカバーだけ飛んで行ってしまうこともありません。

 

 

自転車カバーの必要性・メリット

f:id:sora1530:20181008201453j:plain

 

ロードバイクに乗っている方はともかく通勤通学で自転車を使っている方は屋外で保管が普通ですよね?

屋外で保管するなら自転車カバーは絶対必要です。

 

 

自転車の敵① : サビ

f:id:sora1530:20181009192432p:plain

 

チェーンやギヤは特に錆びやすい

サビてくると変速がうまくいかなかったりといった実害も出てきますが何よりもモチベーションに関わります。

 

ママチャリだろうが何だろうが買った当初は大切に長く使っていきたいと思うものですが、

サビ始め、目に見えて劣化してくると扱いが雑になり、

当初持っていた愛着も消え失せてしまいます。

 

 

 

自転車の敵② : ホコリ・花粉

f:id:sora1530:20181008201544j:plain

 

車庫に保管していたクロスバイクですが1ヶ月ほど放置していたらサドルに砂ぼこりが溜まってしまいました。

 

ホコリの蓄積がパーツを痛め、自転車の損傷を促進してしまいます。

 

f:id:sora1530:20181008200300j:plain
f:id:sora1530:20181008200254j:plain



トップチューブにも砂ぼこりが。

 

そして春先になると困るのが花粉です。

週末乗らなかっただけで花粉が自転車に積もっています。

 

自転車の敵③ : 日焼け 

f:id:sora1530:20181009193520p:plain

 

屋外保管だと24時間紫外線を浴び続けることになります。

サドルや樹脂パーツは紫外線による日焼けに弱いので屋外保管だと急速に劣化。

 

 

こういったダメージから自転車を守り、

長く使っていくためにも自転車カバーは必要になります。

 

 

ロックホールは好みが分かれる

f:id:sora1530:20181008200149j:plain

 

 

前輪のところにロックホールが空いていて、

フェンスなんかにロックしておくことができるようになってます。

 

これは使う人と使わない人が分かれそう。

 

まずメインターゲットと思われるママチャリで使う人はかなり少ないのでは?

スポーツバイクでは使う人がいるかも?

 

何か気になるデメリットがあるわけではないですがなんだか気になってしまいました。

 

 

おわりに : 自転車カバーは最も簡単なメンテナンス

f:id:sora1530:20180522202140p:plain

 

自転車カバーは最も簡単なメンテナンスです。

 

 

細かいメンテナンスは出来ないけれど、

可能な限り大切に使って長持ちさせたいというかたはぜひ検討してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブックマーク、コメント、読者登録、とても励みになります。

いつもありがとうございます。